愚老庵愚老庵

We recommend the following browsers to translate and display in your native language.

Recommended browser

  • ・Google Chrome
  • ・Microsoft Edge

*Select your country's language from "Show translation options"

×

愚老庵ノートSo Ishikawa

MENU

ドキュメンタリーをアートする

ドキュメンタリーをアートする

桜も終わり新緑の季節が巡ってきました。毎回、NATURE通信を視聴してくださっている方から「カラマツの黒い幹に芽吹いた濃く鮮やかな新緑は、他の追随を許しません。自然は多様で美しい」というコメントをいただきました。

残念ながら私はこれまで「カラマツの芽吹き」を作品にしていません。それはこのテーマが動画にしにくいからなのかもしれません。

チャレンジを促されたような気がして、今回は深山の新緑を目指して、乗鞍高原まで足を伸ばすことにしました。

乗鞍は15年ぶり。自然の動画を撮り始めた頃は、毎年のように通っていたのですが、このところずっと足が遠のいていました。

カラマツ林を彩る鮮烈な新緑の芽吹き、透過光に輝く新緑の白樺林。15年ぶりの乗鞍には、五月晴れの眩い風景が広がっていました。

カメラのファインダーを覗くと、絵画のように美しい画が写っています。しかし、この画には全く「動き」がないのです。

フレームの中には、新緑を揺らす風も日差しの変化もありません。これでは「生命のリズム」を伝えることができません。

一時間ほど待って見ましたが、状況は変わりません。絶景を目の前にしながら指をくわえて見ているしかない口惜しさで、気力を失いそうになりました。

NATUREの収録では、時々このようなことが起こります。心が折れそうになった時、私には実践しているルーティンがあります。

まず、目を閉じて見えている世界を遮断し、深呼吸します。そして「何のために収録しているのか」という最初の目的を思い出すのです。

NATURE収録の目的は、「心の旅に出るための動画を届けること」「今撮ろうとしているシーンは、その手段のひとつ」「このシーンがダメなら、今撮れる他のシーンを探せばいいじゃないか」そう自分に言い聞かせることにしているのです。

このルーティンによって、目の前の画づくりに集中していた「意識」を解放することができます。そして解放された「意識」には、フレームの外の世界が一気に流れ込んできます。

すぐ近くを流れている小川のせせらぎの音が聞こえてきました。何とも気持ちのいい響きです。「そうだ、この先にある渓流に行ってみよう」そんな思いが湧き上がって来ました。

「動き」を求めて近くの渓流へ降りてゆくと、そこには陽光と水の流れが造り出すアブストラクトな「ゆらぎの世界」が待っていました。

何とここで、「光のゆらめき」との感動的な出会いがありました。このテーマには、これまで何度もチャレンジして来たのですが、なかなか「これは!」というシーンが撮れていませんでした。

狙った新緑を撮ろうとして撮れず、思いもよらず、ずっと撮りたかったシーンが撮れてしまう、これが NATURE収録の醍醐味でもあるのです。

NATURE通信 May.2022 光のゆらめき
https://nature-japan.com/post_nature/tsushin-may2022-5/

 

自然は自分の思い通りにはなりません。だからこそ面白いのです。

スタジオでは、美術セットをカメラワークに合わせて配置し、照明を駆使して自分の思い通りのイメージを創り上げることができます。しかしそこでは、自分のイマジネーションが創作の限界になってしまいます。

NATUREの収録では、自分では想像もしていなかった、人間の技をはるかに超えた神秘的なシーンと出会うことができます。「動き」という要素が入ると、自然はさらに奇跡のような「神技」を見せてくれます。

このシーンを造り出すのは「自然」であり、私ではありません。私にできることは、そこに流れる「生命のリズム」を抽出し、記録することだけです。

自然は刻々と変化します。神秘的な変化は、収録の準備が整うまで待ってはくれません。チャンスを逃さないように「収録の心技」を磨くこと、それが唯一私にできることです。

NATUREの極意は「ドキュメンタリーをアートする」ことにあると思っています。

魂を揺り起こすようなシーンとは、いつどこで出会えるかわかりません。出会えることを信じて、どんな状況にあってもあきらめずに収録を続けること。そして、いつどんなシーンと出会ってもいいように、準備を怠らないこと。それが今、NATUREを収録する時の私の作法になっています。

今回は、「カラマツに新緑」のシーンをお届けできませんでしたが、いつか巡り会えることを信じて、NATURE行脚を続けていきます。誠に申し訳ありませんが、しばし時間をいただければと思います。

2022/5/23

Tags:NATUREへの道

Comment

コメント投稿には会員登録が必要です。