愚老庵愚老庵

We recommend the following browsers to translate and display in your native language.

Recommended browser

  • ・Google Chrome
  • ・Microsoft Edge

*Select your country's language from "Show translation options"

×

愚老庵ノートSo Ishikawa

MENU

復刻版「山紫水明」公開します

復刻版「山紫水明」公開します

最近あまり使われないようですが、「山紫水明」は、美しく清らかな自然風景を表す言葉です。

NATUREの収録で、山肌が美しい紫色に染まってゆく景色や、澄んだ水を限りなく美しいと感じる景色と出会った時、私はよくこの言葉を思い浮かべます。

唐突ですが、日本の森林面積が国土全体に占める割合をご存知ですか?

日本の森林面積は国土の66%、何と日本の 3分の2 が、森林に覆われた「山」なのです。この森林面積には過去50年間、増減がありません。

高い山々が連なる日本の山脈は、これまでずっと、日本の近代化やインフラ開発を阻んできたと言われます。しかし、今となってみれば、そのおかげで、森が造り出す豊かな生態系が、かろうじて守られてきたのかもしれません。

森林は、光合成によってCO2を吸収し、酸素を放出します。そして、その地下では、樹木の根が網の目のように拡がり、土壌の崩壊を防いでいます。

森林は雨水を保水し濾過します。山から湧き出した清水は、渓流となって谷を下ります。急峻な渓谷が多い日本では、速い流れが水質を浄化し、澄んだ水を下流へと運ぶのです。

深山幽谷から溢れ出すこの清冽な「水」の美しさが、日本人の生き方や文化に与えた影響は測り知れないものがあると、私は思っています。

弛みなく流れる清らかな水の流れは、ただ見ているだけで、心の穢れを洗い流し、執われやわだかまりを解きほぐしてくれます。

過ぎ去ったことを咎めずに帳消しにする「水に流す」という、おおらかな生き方は、日本独特の「文化」だそうです。

古来、日本人は、汚れたものを川で洗い、お盆の供えものを川に流し、精霊流しや灯籠流しによって先祖の霊を浄土へと送ってきました。

水が美しいのは、山が美しいからです。山が美しいのは、目に見えない「生命の循環」が、変わることのない「調和」を造り出しているからです。

先人達は、山紫水明と謳われた、美しく清らかな自然風景の向こうに、物質の次元を超えた「もうひとつの世界」を見ていました。

今回お届けする復刻版の「山紫水明」は、魂の故郷を感じられるような日本の原風景を集めた作品です。

30年以上前に収録されたどこか懐かしい自然風景を旅して、失われつつある「日本人の心のルーツ」を再発見していただければ幸いです。

 

復元版「山紫水明」公開します
https://nature-japan.com/sanshisuimei/

Restored Version " Scenic Beauty "
https://nature-japan.com/en/scenic-beauty/

2023/8/10

Tags:お知らせ

Comment

コメント投稿には会員登録が必要です。