愚老庵愚老庵

We recommend the following browsers to translate and display in your native language.

Recommended browser

  • ・Google Chrome
  • ・Microsoft Edge

*Select your country's language from "Show translation options"

×

愚老庵ノートSo Ishikawa

MENU

風が造る風景

風が造る風景

自然の「変化」と「リズム」を抽出しようとする NATURE の作品づくりにとって、風は大切な「造化の源」になっています。

海の上を吹く風は波を造り出します。

風によって海面に凹凸が出来、それが波になります。波打ち際に風がなくても、広い海のどこかでは必ず風が吹いていて、それが波になって陸に伝わってくるのです。

風は空気の移動によって生まれます。温められた空気は上昇し、そこに冷たい空気が流れ込んで風が生まれます。

太陽が昇り地表の温度が上がると、冷たい海から暖かい陸に向かって「海風」が吹き、日が沈んで地表の温度が下がると、冷えた陸から暖かい海に向かって「陸風」が吹きます。

海辺で一日中撮影していると、風が凪いで風向きが入れ替わるのを感じることがあります。知識では知っていても、海風と陸風の循環を肌で感じる機会は、NATUREを収録をしていなければ、体験できなかったと思います。

風は季節によっても入れ替わります。夏の季節風は、熱せられたユーラシア大陸に向かって太平洋の潤湿な空気を運び、日本列島に「梅雨」をもたらします。

冬の季節風は、それとは逆に、ユーラシア大陸から「寒気」を日本列島に運びます。この風は、山脈に当たって日本海側に大雪を降らせ、太平洋側に乾いた冷たい風を吹き下ろします。

風によるこの四季の気候変化が、南北に長く高低差のある日本の国土に、変化に富んだ神秘的で美しい自然風景を造り出すのです。

先人たちは、循環する季節の中で新しい風景を運んでくる風に、様々な名前をつけました。

春一番、花風、薫風、南風(はえ)、盆東風、野分、金風、木枯らし、おろし、空っ風などは、よく知られていますが、風の呼び名は、日本各地で2000もあると言われています。

風につけられた様々な呼び名は、先人たちが自然を畏敬し、自然に寄り添って生きたきた証なのかもしれません。

NATUREの収録でも、風を読むことが大切な仕事になります。風が造り出す変化とリズムがなければ、どんなに美しい風景でも静止画になってしまいます。最近では NATUREのロケに出る時、真っ先に風の予報を見るようになりました。

風は、地形の影響を受け、入江や海峡、岬、山の尾根や谷筋で強く吹きます。それ以外の場所でも、周囲の地形をよく見ていると、風には通り道があることがわかります。

海の波、雲の移動、樹々のゆらめき、水面の漣も、自然の変化とリズムの大半は、風が造り出していると言っても過言ではありません。

NATUREのロケで「生命のリズム」を収録するための秘訣のひとつは、この「風の道」を探すことだと思っています。

自然が造り出す風は、海と陸、地上と天空をひとつに結び、空気を循環させます。その様子は、まるで地球生命体が呼吸しているかのようです。

断熱材とエアコンに囲まれた人工的な環境の中で、人の空気を読むのに疲れた時は、NATUREの「風の四季」を見て、自然の風を思い出してください。

心に吹く一陣の風が、澱んだ風景に「生命のリズム」を運んでくれますように。

 

復元版「風の四季」
https://nature-japan.com/kazenoshiki/

Restored Version「 Seasons of Wind 」
https://nature-japan.com/en/seasons-of-wind/

2023/5/12

Tags:制作ノート

Comment

コメント投稿には会員登録が必要です。